Business

カンボジアから帰って振り返りその1

更新日:

こんばんは松風です^ ^
短い期間でしたが、カンボジアシェムリアップという都市を堪能してきました。
久しぶりの海外、そしてアジアへの旅だったのであまりの違いに疲労困憊でしたw


初っ端の成田からアクシデント発生

片道15時間はほんと辛いですね(汗
直行便がないからトランジットで6時間!!! 行きではただただ寝てました。

実は成田で頼まれてたリーのカレー(辛さ20倍)
これを今回の為に購入した黄色のカンケンバッグ(機内用)の中に入れてたんです。そしたらそれは機内には持ち込めないと言われてしまって、最終的にこのカンケンバッグを追加の料金し払って荷物に・・・。

スーツケースは4つでしかも重さはギリギリだったので、この追加のバッグはもちろん超過分に(6,800円)
初っ端から余分な出費でテンション下がりました>_<

シェムリアップ到着

空港に着いてフレンドリー感が一切ないお兄さんに出国手続きをしてもらい、そして荷物が流れてくるのを待ってました。
この日の為に買った可愛い黄色のカンケンバッグ、それが無事に流れてくることをだた祈ってましたw
無事に流れてきたカンケンバッグにめちゃ喜んだけど、すげー汚れていてここでもテンション下がりました。

そして空港を出ると、仕事のパートナーとその友達が待っててくれて、トゥクトゥクという乗り物に重たいスーツケースを乗せ出発。

ちなみにトゥクトゥクの運ちゃんは専属のドライバーらしい。



トゥクトゥクに乗りながら・・・

想像以上の暑さと日差しに日本で用意した日焼け止めをさっそくヌリヌリ。
まぁともかくカルチャーショックでしたよ、あまりにも流れる街並みが日本と違い過ぎてσ^_^;
そして何でこんな所に私は来てしまったのだろうと、ここでもテンションは下がりまくりw

寝不足と食事をあまりとっていなかったせいかもしれないですが、私のシェムリアップの出会いは最悪でした。



とあるカフェで休憩

そして紹介してもらった1泊$40のホテルへ行き荷物を置いてからカフェに行きました。
そのお店はローカルではちょっぴり高めのお店らしいですが、日本の物価と比べたらめちゃくちゃ安い。

メニューには日本食っぽいのもあったけど、何だか微妙だったので私はポテトとコーラだけ注文。
他3人が注文したのがお稲荷さんや巻きずしだったので、食べてみなと言われて仕方なく食べたら・・・!

お稲荷さんで吐きそうになってしまった(ごめんね)

何故かお酢ではなくビネガーが使われてて、それがほんと不味い。
巻きずしもベッチャベチャで食べることができず、断念、
カフェで軽いジャブを受けた私はふらふらしながらホテル戻って、8時には泥の様に落ちました。

ちなみに次の日に予定しているアンコールワットの朝日は、私ではありえない5時集合だったのでちょうどよかったのかもしれません。

-その2へ続く-

-Business
-, ,

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.