ebay輸出 直接取り引きのときにメールでPaypal のアドレスを渡す方法

こんばんは、松風です^^

すごい横殴りの雨でしたね。
部屋に閉じこもり、家の掃除や整理を引っ越しに向けてやってました^^;

直接取り引き。paypalのアドレスは簡単に送れる

ebayをしてると必ずいっていい程直接取り引きを交渉される事があります。
そして逆もしかりです。

でもebayでは直接取引は禁止してますので、メールでアドレスを送ろうとするとエラーになります。
(昔は確か@を☆とかにすれば送れたけど、いつのまにかダメになってたw)

そんな時にこの方法で自分のアドレスを相手のバイヤーに送ることが出来ます!

ものすごい簡単簡単なのですが、自分paypalアドレスを書いた紙を写メって、それを添付するだけですw

単純だけど、ちょっと驚きですよね^^

それかワードで作ったものをメールに添付して送っても大丈夫です。

私は読みやすい書体で大きく作ったのを相手のバイヤーに送りましたが、受け取ったバイヤーからこんな方法があったんだね!ってビックリしてましたw

まとめ

直接取り引きは手数料をかなり抑えられるのでオススメですし、バイヤーも安く購入出来るのでかなりメリットがあります。

ですが、自分のお店で買ったことがない一見さんにはいきなり直接取り引きをするのはリスクがあるので見極めてから取り引きして下さいね。

スポンサーリンク