PayPal の売り手保護。

こんばんは松風です^^

昨日はすき焼き食ってきました♪♪

やっぱ肉派の自分にはウマウマでした^^

昨日メルマガでチャージバックのことを

ちらっと書いたので、再度PayPalで確認してみました^^

バイヤー側にもしPayPalでクレームや

チャージバックを受けた場合、

セラーには

【売り手保護】

があります。

ほぼ受け取ってない理由で

バイヤーはクレームや

チャージバックをしてきます。

その場合、

【売り手保護】

が適用されるのですが、条件があるんですよ。

簡単に言うと、

トラッキングナンバーです^^;

発送方法が、追跡できるものでないと

この【売り手保護】の対象になりません(>_<)

そして、保護対象国でないとダメです・・・。

そうなんですよ・・・・。

だからもし未着の場合、Air-mailやSALだと

それが証明できないんです・・・・・。

でもだからって全て

トラッキングのある発送方法だと

落札率も多少変わってくると思うんです。

買う側からしたら、

トラッキングのない発送で品物を送ってもらって

チャージバック、もしくはクレームを出せば、

その支払った金額はほぼ返ってきます。

ebayでは有名な詐欺がありますが、

だいたい直接取引をけしかけ、

そして高額商品(カメラ、電化製品)をリクエストされます。

その後にチャージバックをしてくるのですが、

この場合、送る住所が【確認済み住所】ではない場合、

確実にチャージバックをされます。

仮に確認済み住所であってもebay外の取引の場合、

適用される国は

【アメリカ・イギリス・カナダ】

のみです。

これで100万くらい詐欺られた人が

いるので、こういった売り手保護やebayでの保護も

ちゃんと理解しときましょう!!!!

では、では♪

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク