Business

カンボジアから帰って振り返り その3

更新日:

全然仕事のことを書いてなかったので、今回はちょっと書いていきたいと思います。

ボランティアで小学校に参加

まず仕事のパートナーからの紹介でNPO法人で日本学校をしてる方と知り合ったので、ボランティアで小学生に日本語を教えてるクラスにお邪魔してきました。

こんな感じです↓↓↓

この動画は小学生対象のクラス。
こういう学校はテレビだけでしか見たことがなかったから本当に衝撃でした。

でも皆一生懸命に日本語を勉強している姿が何とも言えなかった。

シェムリアップに来て感じたんですが、日本に当たり前にある義務教育。その当たり前の教育がここではないんです。
基礎的な教育を受けてないということは、選べる仕事も少なくなり、そして稼げる金額も決まってきます。

なぜ教育システムがないかというと、40年前にあったポル・ポトの大虐殺が原因かなと・・・。


人口の4分の1が虐殺された国

カンボジアの歴史の中で大虐殺があったのをご存知ですか?
それはたった40年の前の話しなんです(1975年~1979年)

その時代は私自身はまだこの世に誕生してませんが、たった約45年前の話し。
少しでも肩書きを持ってる人、そして知識人全てが殺されました。

なので街では今だに40代、50代の男性が極端に少なく、青年以下の男性や女性、そして子供かお年寄りばかりしか見ることはありません。
お年寄りも少ないなとは感じましたが、それは医療機関に通えなかったりと寿命が短いせいかと思われます。

色々な場所を見ればみる程これからの国なんだなと思いました。


カフェやレストランへ

外国人が行くカフェはまぁまぁ美味しかったかな↑↑↑
左のパンなんですが、これはこっちのフランスパンらしい、もっちりフワフワで美味いっ♪


そして代表的なカンボジア料理のアモック、これはカレーみたいで普通に美味しかった。
初級ローカルフードらしいです。

一応日本食のレストランも2ヶ所行ったけど、2軒目の方が美味しかった。
まぁとりあえず、これでシェムリアップでは生きていける事を確認できた。

既にシェムリアップでビジネスをスタートさせたけど、今現在は日本います。
今後は現地に短期間住んでビジネスをしないとなので、やっぱり生活出来るかの確認は重要。

おトイレ事情

最後におトイレ事情なんですが、かなり厳しい感じでした私には。
これは画像を引っ張ってきたものですごい綺麗な状態なのですが、ほとんどこんな感じで何か小型シャワーが備え付けられてるんです。

トランジットで経由したクアラルンプールの空港で初対面したときマジでビビったよ。このホースは何なんろうって。

ちなみにシェムリアップではカギが壊れてるとか普通だし、紙がないのも普通でした。だから日本に帰ってきて空港のトイレに入ったときはあまりの綺麗さに感動した~。

日本は世界で一番綺麗なトイレだから、世界のトイレがみんな日本と同じになればいいのに....。

まとめへ続く。

-Business
-,

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.